本文へ移動

熱・電ハイブリッド太陽電池パネル

これまでの太陽電池は、太陽光スペクトルの内、可視光線(380nm~780nm)部分しか利用されておらず、赤外線による輻射熱は利用されていませんでした。本製品は太陽から受ける輻射熱により、裏面で、水道水を高効率に温水製造できる「太陽熱・光ハイブリッドパネル」です。(太陽熱・光ハイブリッドパネルはハイブリッド太陽電池研究所㈱の特許商品です)
TOPへ戻る