本文へ移動

EMP攻撃対策/シールド施工

研究施設

高度化した電子技術は、医療・家電・自動車・OA機器等幅広い分野に普及しました。その反面、人体や電子機器間において電磁波障害となって現れてきています。研究施設等で発生する電磁波は外部のデリケートな電子機器にも誤作動を引き起こす原因ともなりかねません。この二つの問題を解決するためには研究環境に応じた確実なシールド技術が必要不可欠となります。各研究施設からの多様なニーズにお応えするために、さまざまなシールド技術を開発。さらに、調査から設計、施工、施工、メンテナンスまでそれぞれ専門の技術スタッフがきめ細かく対応します。

 

NMR(磁気共鳴)/電波シールド室/無響室/放射線照射室/電子顕微鏡室/高電圧実験室/SQUID(超電導量子干渉室)/磁気シールド室/残響室/非破壊検査室/RI施設/電波暗室(電波無反射室)/ユニット式電磁波シールドルーム/音響実験室(残響可変室)/恒温恒湿室/極小磁場実験室など

特殊施設

放送・通信施設/工場/放電加工室/テンペスト

医療施設

放射線防護/電波シールド/防音

弊社よりご提供できること

設計・施工はもちろんのこと、電磁波シールド材、電気・通信用フィルター、遮断用大型ガラス、空調フィルター等各種部材の供給や施工前後の電波・磁気等の「測定」業務、入退室ドア等可変箇所の「定期的測定」業務などワンストップでご提供いたします。
 
詳細は弊社営業担当までお問い合わせください。
株式会社エフォートシステム
〒730-0845
広島県広島市中区舟入川口町21-7
TEL.082-503-6222
FAX.082-503-6223
TOPへ戻る